熊本県の嘉島町に鎮座して400年になります
手足の神様である甲斐宗立公(かいそうりゅう)と生涯不敗の名将である甲斐宗運公(かいそううん)をお祀りする足手荒神(甲斐神社)の宮司ブログです。

足手荒神の神様は手足の神様なので手足に関わる八百万の願い事に良い事があると言われてます。

ご利益は「手足の無病息災、手足を使う車の運転、手足を使う運動、手足を使う作業、手足の美容、手足の病気平癒、手足を使う芸術事、手足を使う建築 等々」限りがありません。

又、足手荒神(甲斐宗立)の父である甲斐宗運は戦国時代において知略を使い生涯不敗の名将だったと讃えられてます。戦国時代に名高い名武将達(大友家、龍造寺家、島津家)の草刈り場だった肥後(熊本)において存命のうちは肥後に入らせる事は無かったと言われてます。

甲斐宗運のご利益は「勝負事、厄除け、勉学 等々」です。


手足に関わる諸祈願、勝負を賭けたい時のご祈願等々、誠心誠意ご奉仕させていただきます。

連絡先はTEL FAX 096-237-2082 足手荒神社務所
公式サイト 足手荒神(甲斐神社)

2016年06月27日

兼務社

昨日、兼務社の願立祭を執り行いました

お社は御船町は下梅木という地区に有るのですが
先日の大雨にて風光明媚だった棚田が壊滅状態・・・

今後災害の無いようにしっかりと願立致しました

j12.jpg

熊本は地震災害、水害と散々なので最早熊本県民から奉賛金を
募るのは困難な状況です、引き続き奉賛金の願い申し上げます。
そしてご奉賛、お見舞い頂いた方々に御礼申し上げます。ありがとうございます。

[金融機関] ゆうちょ銀行
[口座記号番号] 17170 36900671
[口座名称] 足手荒神震災復興奉賛会
     (アシテコウジンシンサイフッコウホウサンカイ)

[金融機関] 熊本第一信用金庫 御船支店
[口座番号] 普通預金 0153172
[口座名称] 足手荒神震災復興奉賛会
     (アシテコウジンシンサイフッコウホウサンカイ)
※熊本第一信用金庫 支店間の送金は手数料不要です



手足の神様 足手荒神
http://ashitekoujin.com/


人気ブログランキングへ



posted by seigo at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 社務

2016年06月22日

大雨

昨日深夜の記録的な大雨で境内が冠水しました。
バケツをひっくり返すという表現がありますがピッタリかなという
勢いでした。

私が若い頃はよく緑川、加勢川が氾濫して冠水しましたが
今回は河川の氾濫無く雷鳴轟く中降雨にての冠水・・・

プレハブ製の授与所兼震災避難所はギリギリ床上浸水を免れて
良かったなと感謝。

地震、雷、火事、親父(台風)との言葉がありますが
親父(台風)だけは避けて欲しい。被災した義父の屋根のブルーシート掛けを
行いましたが、台風が来るとひとたまりも無いと思われ・・・。
瓦修理も待ちが一年はザラだそうでどうなる事やら・・・。


あ、屋根に上るときは↓がオススメです
親方寅さん
http://item.rakuten.co.jp/kutsukoubou/406019/
最近はこればっかり履いてます。



追記:ご奉賛、お見舞い頂いた方々に御礼申し上げます。ありがとうございます。



手足の神様 足手荒神
http://ashitekoujin.com/


人気ブログランキングへ


posted by seigo at 09:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 社務

2016年06月10日

神殿

昨日、兵庫県は淡路島に鎮座する淡路国一之宮の伊弉諾神宮様より
熊本県神社庁を通して神具、仮神殿をご寄進頂きました。

j10.jpg


伊弉諾神宮様まことにありがとうございます。

「淡路島から色々と届いてるから遠慮しないで有効に使え」と
助け舟を出してくれた熊本県神社庁庁長 宮崎さんありがとうございました。
視察にも度々来ていただいて嬉しい限りです。

それと仮神殿をトラックに載せるのを手伝って頂いた
熊本県神社庁の谷川さん小森さん護国神社の古賀さんありがとうございました。
一人ではトラックに載せるのは完全に無理でした。

お守りの奉製をお願いしている福岡奉製様よりも神具の御奉納がありました。
まことにありがとうございます。

手足の神様 足手荒神
http://ashitekoujin.com/


人気ブログランキングへ


posted by seigo at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 社務

2016年06月06日

基礎

今回の熊本地震で自宅が一部損壊の判定を受けました。
内容は『隣からの瓦落下注意。基礎の一部クラックです」。

我が家はX十年を数える古い家なので基礎は鉄筋が入ってない無筋布基礎・・・

その損壊具合がこんな感じです

j5.jpg

あんな強震度を二回も受けこれだけで済んだなと感謝
お向かいさんは全壊、裏は大規模半壊という悪夢のような状況にてです。

この基礎を補強すべく
隣の県のボランティアY氏の指導のもと基礎補強を行いました。

まずは捨てコンをし鉄筋を設置

j6.jpg

次に型枠を設置
j7.jpg

外周部にも捨てコンと鉄筋
j8.jpg

型枠を設置しコンクリを流し込み
j9.jpg

現在は養生中です

この作業を二箇所において行いました

技術指導のY氏及びコンクリ流し込み協力隊の別のY氏、まことにありがとうございます。




手足の神様 足手荒神
http://ashitekoujin.com/


人気ブログランキングへ







posted by seigo at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 社務